卒業生からのメッセージ

今村学園の先生方に教わったことは、たくさんの現場で役に立つと思います。

私は現在、 鹿児島市内にある小田代病院リハビリテーション科に勤務しております。 それぞれの患者様の疾患や怪我にあったリハビリテーションを行っています。 現場でたくさんの患者様と接することでいろいろな知識や技術が身につき、勉強の日々を送っています。 患者様が退院する時の笑顔をみるととても嬉しくこの仕事を選んでよかったと思えます。今村学園の先生方に教わったことは整骨院や病院、 デイサービスなどたくさんの現場で役に立つと思います。 女性の柔道整復師は多くはないですが、 身につけられる知識や技術はたくさんあるので、 もっと女性の活躍の場が広がればいいなと思います。


福田 優紀 【柔道整復師科】
(私立鹿児島情報高校出身)
平成29年3月卒業
小田代病院勤務

今村学園では多くの事が学べると思います。

私は現在、姶良市にて整骨院を開業しております。治療はもちろんトレ一ナー活動も行っており、予防トレニンーグ等にも意欲的に取り組んでいます。また、妻が栄養士ということもあり、健康に必要な運動指導に加え栄養管理まで行う事で、健康寿命を延ばす為の身体作りも提供しております。今村学園では医学的知識や仲間の大切さ、人を思う気持ち、指示待ちではなく自ら行動を起こす力など多くの事が学べると思います。柔道整復師は自分の思い描く医療を自分で作ることができる仕事です。その医療を地域の方に提供できることが柔道整復師の生きがいだと思います。


宮永 和幸 【柔道整復師科】
(県立加治木工業忘校出身)
平成26年3月卒業
整骨院ホワイトガーベラ 院長

学生時代に培った技術をさらに向上させ、日々励んでいます。

幼い頃からテレビで見た料理人に憧れて調理師を目指しました。料理の基礎から学べる今村学園に進学を決め、料理を食べて頂いて人を笑顔に出来る謡理師になろうと思い入学しました。在学中最も記憶に残るのは日々のスキルアップのための朝練と、毎日新しい料理に触れた時のワクワク感です。また今村学園は、先生方が学生以上に熱い気持ちで私たちの目標を応援してくれる環境です。現在、株式会社DearsBRAINの鹿児島店グレイスヒルオーシャンテラスに就職し、今は主にデセールを担当しています。学生時代に培った技術をさらに向上させ、日々励んでいます。


中島 由愛 【調理師科】
(市立鹿児島女子高校出身)
平成29年3月卒業
グレースヒル オーシャンテラス

今村学園には料理人として活躍、成長できる機会がたくさんあります。

私が料理人という職業に最初に興味を持ったのは、中学生の頃にあった職場研修という授業でした。今村学園では、調理師科2年コースに入学し学んでいく中でさらに料理人という職業に興味、感心が増していく自分に気づきました。入学を考えている皆さん、今村学園には料理人として活躍、成長できる機会がたくさんあります。まずは、料理を楽しんでみてください。そして、今村学園を卒業した際には料理人として共に切磋琢磨していきましょう!


永山 龍也【調理師科】
(県立松陽高校出身)
平成27年3月卒業
横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ

今村学園を選んで本当によかったです。

沢山憧んで決めた「パティシェ」という自分の夢と、今村学園ライセンスアカデミー。在学中も本当に素敵な先生方と仲間に恵まれ、実習やコンテスト、学校行事で日々充実していました。今ではその思い出一つひとつが私の大きな糧となっています。就職活動では沢山の壁にぶつかりましたが、学校での大きなサポートがあり、自分の希望した素敵な職場にご縁を頂くことができました。今は毎日お菓子に囲まれて、バンドゥースとパティシェ、2つの仕事からお客様の幸せのお手伝いをさせて頂いています。在学中に先生から学んだ言葉通り、私も自分の頑張り次第でどこまでもいけると信じています。今村学園を選んで本当によかったです。


有島 瑠莉伽【パティシエ科】
(市立鹿児島女了忘校出身)
平成28年3月卒業
パティスリーアプラノス

今ではたくさんの仕事を任せてもらえるようになりました。

今村学園を卒業後、小さいころからの夢だった森三へ就職し、今年で3年目になります。最初のころは何もわからず、先輩たちに怒られながら仕事をしていました。でもそのおかげで努力してきた結果、今ではたくさんの仕事を任せてもらえるようになりました。ケーキを作ってお客様のすごく喜んだ顔を見ると、励みになり、また頑張ろうという気持ちになります。大変なことも多いですが、パティシエは本当にやりがいのある仕事です。


南田 しおり【パティシエ科】
(霧島市立国分中央高校出身)
平成27年3月卒業
霧島菜子処 森三

勉強した事がとても役に立っています。

私は、保育園で栄蓑士として慟いています。仕事の内容は、栄養管理や厨房での調理業務、食育教室なども行っています。保育園は乳児から就学前の子ども達が日々生活をする場所です。そのため給食の食材や調理法にもこだわっています。毎朝だしをしっかりとり、素材の味を感じてもらえるように味付けしています。また、食育活動の中でも、食材の味を食べ比べしたり、その季節の食材に直接ふれる体験をしたり、食に興味をもってもらうように心がけています。まだまだ覚えることが多くて大変ですが、学校で学んだ調理の基礎や知識、栄養教諭として食の大切さを伝える為に勉強した事がとても役に立っています。


榎本 毬亜【栄養士科】
(私立樟南高校出身)
平成29年3月卒業
社会福祉法人はちす会
おおぞら保育園勤務
栄養土

みんな今村学園で学んだことを生かし日々の業務を頑張っています。

私は現在、谷山病院で管理栄養士として働き、日々、献立作成や調理業務を行っています。国家試験に挑戦する際は仕事と勉強の両立で大変でしたが、今村学園で毎月開催される勉強会に参加することで、モチベーションを高く保ち続け頑張ることができました。谷山病院の栄養課には今村学園の卒業生が多く在籍しており、みんな今村学園で学んだことを生かし日々の業務を頑張っています。これからも「なによりも食事が楽しみだ」と言ってくださる患者様の為に一皿一皿心を込めて作っていきたいと思います。


仮屋 綾乃【栄養士科】
(市立鹿児島女子高校出身)
平成25年3月卒業
公益財団法人慈愛会
谷山病院 勤務
管理栄養土

治療現場での研修と学校での授業とで、一日がものすごく充実していました。

私が柔道整復師を目指したのは、怪我をした時に通っていた整骨院の先生に憧れたことがきっかけです。今村学園に入学してからは、午前中に整骨院でアルバイトをし、午後からは学校で授業を受ける生活でした。整骨院ではたくさんの患者様の治療を補助させていただき、貴重な経験をし、学校ではわからない事を個別で丁寧に教えてもらえました。治療現場での研修と学校での授業とで、一日がものすごく充実していました。現在は、鹿児島市中山の中野整骨院で働いています。色々な患者様とコミュニケーションを取りながら治療ができて、毎日楽しく働いています。


井之上 愛海 【柔道整復師科】
(県立鹿児島南高校出身)
平成25年3月卒業
中野整骨院

とてもやりがいがあり充実しています。

私は現在、沖縄県石垣島にある整形外科に勤務しています。卒業後に、運動器リハビリテーションセラピストの資格を取得し、患者様へのリハビリテーションをしていますが、まだまだわからないことが多く、日々勉強の毎日です。自分の知識や技術が増えることで患者様の治療に役立てることができ、とてもやりがいがあり充実しています。柔道整復師は整骨院での勤務が一般的ですが、整形外科や介護関係の職場でも需要があり、もっともっと活躍の場を広げていけたらと思います。


日高 瑞輝【柔道整復師科】
(指宿市立指宿商業高校出身)
平成28年3月卒業
コーラルケアガーデン コーラルクリニック

きっと、自分の夢を叶える近道になります。

私は調理師科2年コースを卒業して、現在ホテルインターコンチネンタル東京ベイのフランス料理レストランで働いています。今村学園では、クラスのみんなと楽しく、たくさん笑っていたことしか頭にないくらい楽しい学生生活を過ごしました。その反面、知識と技術の習得をおろそかにしてしまったため、就職して1年目から苦労の連続でした。学校で学ぶ鯛理の基礎だけでなく、フランス語での調理法や材料名などをしっかり身に付けることで就職してからの成長が全く違います。今村学園の先生を信じて学んでください。きっと、自分の夢を叶える近道になります。


畠中 良和 【調理師科】
(私立出水中央高校出身)
平成27年3月卒業
ホテルインターコンチネンタル東京ベイ

今村学園での1年はとても充実していたと思います。

私は調理師科1年コースを卒業し、現在鹿児島サンロイャルホテルに勤め5年になります。早く働きたかったので1年コースを選びました。ホテルには、レストランと宴会場があり、レストランでは急なオーダ一をこなし、宴会では婚礼料理にも携わり、大量に調理し盛り付けます。忙しい中、合間を見て仕込みをしアレルギーなどにも気を付けます。学園生活を振り返ると、今村学園での1年はとても充実していたと思います。実技の授業で調べたフランス語はとても役に立っており、楽しい研修旅行は豊かな経験と刺激を与えてもらいました。何より共に過ごす縁あるクラスメイトは、大切な繋がりとなっています。ゆっくり学べる時間は今しかないと思いますので、沢山学び楽しく頑張って下さい。


久保 優人 【調理師科】
(県立甲南高校出身)
平成24年3月卒業
鹿児島サンロイャルホテル

ぜひ今村学園に足を運んでみてください。

私は今村学園パティシ工科を卒業後、福岡県にありますフランス菓子16区に勤めています。今村学園で学んだ1年間はとても濃く、実習やコンクール、学校行事、仲間達と過ごした1日1日全てが素敵な思い出です。仕事は大変なことも多く、失敗をしたり、先輩に怒られることもあります。しかし少しでも成長できたり、仕事を任せられたり、何よりお客様に喜んでもらったときにやりがいを感じ、もっと頑張ろうと思えます。製造だけでなくお店に出て接客もしていますが、お客様とコミュニケーションをとることで学ぶこともたくさんあります。ぜひパティシエ科に興味がある人、お菓子が大好きな人、今村学園に足を運んでみてください。


藤井 美帆子 【パティシエ科】
(県立松陽高校出身)
平成28年3月卒業
フランス菓子76区

在学中に学んだことは今でも大事な基礎となって活かされています。

私は現在、製菓衛生師助手として勤務して2年目になります。当初は何の仕事を優先すべきか、生徒とどのように接したらいいのか迷う日々でしたが、広い視野をもちすすんでコミュニケーションをとることで今は少し余裕が持てるようになりました。現場とは少し違った角度でお菓子に携わっていますが、実習やイベント販売、大会など生徒と一緒に取り組むことで喜びや達成感もその分大きいです。在学中に学んだことは今でも大事な基礎となって活かされており、私自身もコンテストに挑戦しています。まだまだ自分の甘さを感じる毎日ですが、周りのサポートを受けながら環境に感謝して日々の生活を送っています。皆さんもお菓子一つで笑顔になれる「お菓子の魅力」を伝えられるよう一日一日を大事に過ごしてください。


柳田 美保 【パティシエ科】
(市立鹿児島女子高校出身)
平成27年3月卒業
鹿児島城西高校

とてもやりがいを感じ、充実した毎日を過ごしています。

私は、現在児童発達支援センターで栄養士をしており、調理や献立作成、食育活動などを行っています。高校時代から将来は「食」に関わる仕事に就きたいと思っていたため、必要な知識と技術を学ぶ為に今村学園を選びました。献立には、実習で教わった鹿児島の郷土料理から世界の料理まで取り入れ、おやつのメニュには、スパゲティなーどの補食から、アップルパイなどの本格的なお菓子まで提供しています。子どもたちの「おいしかった」「これ好き」と喜んでくれる姿を見ると、とてもやりがいを感じ、充実した毎日を過ごしています。今村学園で学んだ座学ももちろんですが、実習を通して理解を深めたこと、またチームワークの大切さを教えてもらったことは、今の私の基礎になっています。今後も栄養士としてより向上し、子どもたちの成長をサポートしていきたいです。


末盛 さくら 【栄養士科】
(私汀鹿児島城西高校出身)
平成28年3月卒業
社会福祉法人大潟福祉会
ごどもの家すくすくしえんセンター
風のことり 栄養士

日々の学びを大切に頑張ってください。

今村学園を卒業後、保育園、病院で栄養士として勤務し、献立作成、調理業務を行っていましたが、より深く知識を得たい、スキルアップを図りたいと思うようになり、管理栄養士の国家試験に挑戦しました。試験勉強は時間と根気との戦いで、大変な時もありましたが、知識が身につくことはとても楽しかったです。現在は、病院で調理業務を行っており、病院食とは思えないような「見た目から食べたいと感じる食事」をコンセプトに日々食事作りに奮闘しています。おいしく栄養のある食事作りを常に心がけることが、栄養士への第一歩だと思いますので、日々の学びを大切に頑張ってください。


阿久根 佳子 【栄養士科】
(私立樟南高校出身、鹿児島大学出身)
平成24年3月卒業
社会医療法人博愛会
相良病院 管理栄養士

先生方がひとりひとり丁寧に教えてくださいます。

小学校5年生から高校3年生までしていたソフトテニスは、怪我をすることが多く、治療の為接骨院に通っていました。接骨院には、柔道整復師という資格が必要であることを知り、今村学園への入学を決めました。今村学園では医療知識だけでなく、校内にある接骨院での臨床実習などで多くの技術を学びます。また、1クラス30人の少人数なので、分からないことなど、先生方がひとりひとり丁寧に教えてくださいます。私は現在、さつま町にある介護老人保健施設パラディーノほたるの里に勤務しています。学校で学習したことを活かしつつ、治療に励んでいます。患者さんから感謝の言葉を頂き、この仕事にやりがいや誇りを感じています。


宮薗 唯 【柔道整復師科】
(県立鹿児島南高校出身)
平成27年3月卒業
パラディーノほたるの里
柔道整復師

開業という夢を実現することができました。

高校卒業後、会社に就職し働いているなかで、改めて自分の将来を考え、手に職をつけたいと思うようになり今村学園への入学を決意しました。仕事を辞めて新たな道に進むことは容易なことではありませんでしたが、入学してからは先生方の熱心なサポートがあり、勉強が苦手だった私でも資格を取得することができました。卒業後も先生方には相談に乗っていただいています。また学園で共に学んできた仲間とは今でも勉強会をして切磋琢磨しています。そんな今村学園での充実した環境で努力できたことが自信になり、開業という夢を実現することができました。


石原 直樹 【柔道整復師科】
(市立鹿児島商業高校出身)
平成23年3月卒業
樹整骨院院長
柔道整復師

料理は学べば学ぶほど奥が深く、たくさんの人を幸せにすることができます。

私は今村学園の調理師科2年コースを卒業しました。幼い頃から料理が大好きな私にとって、専門学校時代は本当に幸せな日々で大切な宝物です。在学中はコンクールに進んで参加したり、全国大会に出場するために朝や放課後といった時間を使ってひたすら練習に励みました。そのおかげでオムレツ、人参のジュリエンヌ、じゃがいものシャトー剥きは自分の中で自信のあるものになり、就職してからもその技術がとても役立っています。また、技術だけではなく、授業で習った基礎的な調理やフランス語なども料理人として生きていく上でとてもためになっています。料理は学べば学ぶほど奥が深く、たくさんの人を幸せにすることができます。努力すれば必ずいつか、あの頃頑張って良かったと思える日がきます。支えてくれる先生方を頼りに、同じ夢を持つ仲間達と切磋琢磨しながら素敵な学生生活を過ごしてください。


成尾 美里 【調理師科】
(市立鹿屋女子萬校出身)
平成27年3月卒業
千葉セントグレースヴィラ

食に興味がある方は、専門学校へ足を運んでみるべきです!

神戸ポートピアホテルに勤めています池之上哲平です。こちらに来て3年目を迎えますが、イタリア人シェフの元、現在はパスタセクションでバスタをはじめ、リゾットやピザなどたくさんのことを学んでいます。一つーつの作業をしていて思うことは、専門学校に通っていてよかったということです。朝食では、お客様の目の前でオムレツを巻きますが、学生の時にコンクールに向けて練習していましたし、なにより包丁の切れ味の大切さに気付くことができました。上司や先輩から仕事を教わって行く中で、理解力や将来の夢の具体性、心構えにも差が出てくると思います。料理について全く知識がない人でも、食に興味がある方は、専門学校へ足を運んでみるべきです!新たな世界新たな自分が見つかるかも知れません。


池之上 哲平 【調理師科】
(市立国分中央高校出身)
平成26年3月卒業
神戸ポートピアホテル

この仕事は、自分の誇りになると思います。

ホテルに就職して1年目、今は厳しく指導していただく中で、毎日お菓子と触れ合いながら仕事のできる喜びを感じています。今村学園ではコンテストなど、自分を試す機会も多くあり、1年という短い間ではありましたが、同じ夢・同じ志を持った仲間達と学べたことで、得られることがたくさんありました。大変なことも多いですが、やりがいを多いに感じることのできる仕事です。まだまだ修行中の身ですが、バティシエを目指しているみなさん、お菓子を作って人に笑顔を届けることのできるこの仕事は、自分の誇りになると思います。


飛松 杏奈 【パティシエ科】
(県立川内高校出身)
(鹿児島県立短期大学出身)
平成27年3月卒業
神戸ポートピアホテル

日々成長して仕事を楽しんでほしいと思います。

私は、今村学園パティシエ科を卒業後夢であったパティシエとして就職、その後もうーつの夢を追いシンガーソングライターとして歌を歌い、そして今パリのレストランでパティシエとして働いています。全く関係ない仕事のようですがお菓子を作る、歌を歌う、いずれもお客様に喜んでもらえる、その事が今でも一番大切なことだと思っています。就職すると単調な仕事の繰り返しで、睡眠時間も減り人間関係に惜まされることもあると思いますが、ただ毎日を働いて過ごすだけではなく、何のために仕事をしているのか、これからどうしていきたいのかなど色々な角度から仕事について考えながら、昨日の自分にほんの少しでも勝てるように、日々成長して仕事を楽しんでほしいと思います。


黒岩 恵 【パティシエ科】
(県立加治木工業高校出身)
平成18年3月卒業
Paris Montparnasse
Le clos Y(ル・クロ・イグレック)

毎日毎日を大切にして、自分の決めた道を信じて頑張って下さい。

私は学生時代に学校給食管理実習でお世話になった垂水市立学校給食センターに卒業後勤務しています。勤務内容は譲理業務になりますが、大量に調理することだけでなく、円滑な動線をどのようにしたらよいか、アレルギーを持つ児童への対応をどのようにしたらよいか等を工夫するのが私達の一番の仕事だと思い、やりがいを感じています。卒業してから学ぶことはたくさんありますが、今村学園で学んだ基礎知識力があるからこそ、今の職場で活かされているのではないかと思います。私のように実習先が勤務先になり、勉強や実習をしていくうちに、自分のなりたい進路が決まることもありますので、毎日毎日を大切にして、自分の決めた道を信じて頑張って下さい。


迫田 桃季 【栄養士科】
(私立龍桜高校出身)
平成27年3月卒業
垂水市立学校給食センター
学校給食調理技士

国家試験は、応援していただき合格することができました。

今村学園を卒業後、栄養士として病院に勤務し、患者様に給食を提供していました。業務は給食部門が中心でしたが、仕事をしていく中で管理栄養士の資格を取得したいと思い、試験にチャレンジしました。国家試験は、仕事と両立は難しいこともありましたが、家族や職場の仲間、学校の先生方に応援していただき合格することができました。現在の職場は、認定こども園になります。0歳児から小学校就学前までの園児たちを預かっていますが、新しく認定こども園に認可されたこともあり、給食の内容も試行錯誤を繰り返しています。栄養士の仕事は、給食を提供するだけでなく、給食を利用して下さる方とのふれあいや信頼関係、他職種の方ともコミュニケーションを大事にすることで、さらによりよい仕事ができると思います。


瀬戸 久美子 【栄養士科】
(市立鹿屋女子高校出身)
平成16年3月卒業
認定こども園しぶし幼稚園 管理栄蓑土

卒業生の皆様へ

卒業生の皆さん、こんにちは。本校ホームページにアクセスいただきありがとうございます。皆さん変わりなく、毎日を元気にご活躍されていることと思います。さて現在、本校では「卒業生のオープン」・「卒業生メッセージ」情報ページを追加いたしまして、ご紹介させて頂いております。これを機会に卒業生のお店開店情報や卒業生メッセージ等どしどしPRの場としてご利用ください。
ご応募は、お問合せよりご連絡いただけますと幸いです。